ブログ

マウスピースの装着で得られる効果について

先日、非常に面白い記事を見つけたので少しだけ紹介したいと思います。

その記事によると、以前にゴルフの公式戦に出場していた国内男子プロゴルファーがラウンド中に「スポーツマウスを使用したら飛距離が伸びる」という理由が公式戦のルールに抵触して失格してしまったそうです。

その後、スポーツマウスピースを使用すると競技時におけるパフォーマンスが向上するのか?と話題になったそうです。

そもそも、マウスピースの使用目的が、歯の噛み合わせが悪いための治療、もしくは強い噛みしめによる歯のすり減りを予防するためのものであれば、ゴルフ競技のルール上マウスピースの使用は禁止されてはおらず、装着したまま競技を行っても何ら問題はないそうです。

ゴルフの規則には「人工の機器と異常な携帯品、携帯品の異常使用」という項目があるそうで、プレーを行うプレーヤーの援助になるようなものを使用することは禁止とすると規定されており、器具(マウスピース)を使用することによって飛距離を得ているとされ、結果、失格処分が下されたとのことでした。

人間が力を発揮する際に歯を食いしばることは非常に重要で、食いしばりの効果に関する研究でも食いしばるという行為は、全身の筋肉を瞬間的に増強させるテクニックの一つであることがわかっているそうです。

しかも、踏ん張るような運動動作や瞬間的に強く大きな筋力を必要とする場面に歯を歯の食いしばりは、絶大な効果を発揮するとのことです。

私自身もよく、マウスピースを装着していると強く噛めて踏ん張りがきくし、背筋が伸びて体幹が強くなる気がするという話を聞きますが、それと同時にスポーツマウスピースを着けていることによる安心感でメンタル面での違いがあるのではないかと考えています。

あくまでも、スポーツマウスピースを使用する目的は、口の中や歯を怪我から守るために装着するのですが、マウスピースを使用することによりさまざまな効果が期待できることは間違いなさそうです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る