ブログ

既製品には出せないフィット感

オーダーメイドで作るスポーツマウスガードがなぜ、すごいフィット感が出せるのか?

もちろん、資格を持ったプロが製作するので当然といえばそれまでですが、その他にもいくつか理由があります。

お客様からいただいた歯型に、模型を作る為に石膏を流し込むのですが、この段階からすでにプロの経験と技術が生かされます。

専用の機械を使って気泡が入らないように慎重に流し込んでいき、乾燥させたらバリや気泡を完全に取り除いていきます。(気泡やバリが残ると噛み合わせが狂う恐れがあるため)

さらに、歯並びは人それぞれ違うので左右の歯並びに差がある場合や、歯間にゆとりがある場合などは調整していきます。

出来上がった模型を、外形を整える機械で模型をトリミングします。

歯型の模型をスポーツマウスガードの材料であるシートを圧接、吸引する機械にセットして、模型にシートを完璧に圧接します。

出来上がったシートを歯型に合わせて切り出して、咬合器とよばれる機器に取り付け、噛み合わせや調整、研磨などプロにしかできない技術で最終仕上げを行います。

最後に殺菌消毒剤で減菌処理をして、完成させます。

企業秘密の為、詳細が教えられない部分もありますが、専門の技術者がひとつひとつ作り上げることにより市販のマウスガードには出せないフィット感を得ることが出来るわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る