ブログ

水球競技とスポーツマウスガード

水球競技によるケガの対策は?
水球競技は、水中の格闘技などと呼ばれるほど激しいスポーツで、競技中に相手選手の腕や肘、頭部が選手の顔面に当たることが多くあります。

これまでに鼓膜破損などの事故が続出していたために、耳のケガに対処してイヤーガード付のヘッドギアの装着が義務付けられていますが、口のケガに対してはとくに対策がされていないような気がします。スポーツマウスガードは水球競技に向いていると思います。

水球競技は水中で行われるため、唇などが柔らかくなり、すぐに切れて出血してしまいます。さらには、水中であるために、一度出血してしまうと簡単には止まりません。このようなことから水球は、口のケガが起こりやすいスポーツといえます。

しかしある意味で水中で競技を行なうため、スポーツマウスガードの装着を妨げる口の渇きなどの不快感が少ないという、使用上のメリットもあります。
ですから、水球競技はスポーツマウスガードの使用が大変効果的なスポーツと言えると思います。

水球をされている選手の方は是非ともご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る