ブログ

井上尚弥選手

ボクシングのWBA世界バンタム級王者の井上尚弥選手が、7日に行われたWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)1回戦でファン カルロス パヤノ(ドミニカ)をわずか1ラウンド70秒で勝利した試合で、井上選手は試合開始から「ゾーンに入っていた」と答えていたそうです。

まさに圧巻の強さで準決勝進出を決め、次戦の相手は20日に行われるIBF同級王者エマヌエル ロドリゲス(プエルトリコ)対ジェイソンマロニー(オーストラリア)戦の勝者との対戦ですが、あの圧巻のワンツーで難敵のパヤノを沈めた戦いぶりを見てしまうと正直、負ける姿が想像できないですね。

次戦の開催は来年になるそうですが、ベガスかロサンゼルスで開催されるのではないかという話もあり、どちらにしてもボクシングの本場で準決勝を戦うことになりそうですね!

今回の井上選手が試合で着用していたトランクスは赤と白のツートンカラーでしたが、おそらく日の丸を意識したデザインだと思いますが、マウスガードも赤と白のツートンカラーだったことに気が付きましたか?

比較的シンプルなカラーではありますが、赤白のツートンはインパクトがあり印象に残りますね。

井上選手と同じマウスガードも製作できますので、お気軽にお問合せください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る