ブログ

カスタム化

スキューバダイビングをされる方はもちろんご存知でしょうが、タンクの空気を吸い込むための(レギュレーター)と呼ばれる装置は、空気量を調整する(メカニカル)と呼ばれる部分と口に固定するためのマウスピース部からなっているそうです。

通常は、このマウスピース部には既製品のものを用いるのが一般的だそうですが、既製品のマウスピースだと保持がしにくいために顎の筋肉や顎関節を痛めてしまうこともあるそうです。

このトラブルを解消するには、マウスピース部の形状を使用するその人に合わせるのが一番良い方法と考えている人が多く、そこでこのマウスピース部をマウスガード製作技術を利用してカスタムメイド化する研究が行なわれているそうです。

近いうちに、カスタムメイド化されれば違和感やストレスがなくスキューバダイビングを楽しむことができるようになると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る