ブログ

噛みしめのバランス

「噛みしめの左右のバランスが良いことは身体機能を改善する」

歯が抜けて左右のバランスが悪くなった選手に、抜けた箇所を補ったスポーツマウスガードを使用させると、俊敏性や平衡感覚が改善されるようです。

また、反対に顎の左右バランスを実験的に偏らせると、身体重心の動揺が大きくなるそうです。
噛みしめの左右バランスは身体機能にさまざまな影響を与えます。

「噛み合わせの高さは筋肉脱力のコントロールを容易にする」

たとえば、チャンスを待ち構えている、危険な作業を行なっているなど、精神的また肉体的に緊張しているとき、人は必ず口を閉じて息を殺しています。
反対に、ホッとすると吐息が出たり、ボーっとしているときは口が開いています。
この身体の反応を利用して、吐息しやすい顎の位置で噛み合わせの高さを調整して保持すれば、脱力感が得られやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る