SAKA DENTAL LABO 4つの特徴

スポーツマウスガード製作へのこだわり

SAKA DENTAL LABOが製作するスポーツマウスガードはあらゆる競技における外傷の予防や軽減、脳震盪の軽減、そしてパフォーマンスの向上を目的として日々、研究と技術の向上に励んでいます。(歯)は一生使用する大切なものであり、特に一番衝撃の受けやすい前歯は、歯根と呼ばれる根の部分が一本しかない為、根の部分まできちんと守る必要があります。当社が製作するマウスガードは、適正な厚みと歯茎の上までしっかりと覆うようにし、歯と歯茎に埋まる歯根を守るように設計しています。
また、当社独自の製造技術により、他にはない圧倒的なフィット感を生み出すことができますので安心してご利用が可能です。

スポーツによるケガの軽減や後遺症防止はもちろんのこと、カラーバリエーションやデザインなどでお客様の個性がだせるマウスガードを製作します。

子供から大人、アマチュア選手からプロ選手までご注文いただいたすべての方の安全とパフォーマンス向上のために一つ一つ気持ちを込めてマウスガードを製作します。過去に他店のオーダーメイドマウスピースが合わなかった方もお気軽にご連絡ください。きっと違いに感動するはずです。

特徴1 完全オーダーメイド 世界に一つだけのマウスガード

体格が一人一人違うように、歯形も一人一人違い、同じものは世界に一つとしてありません。SAKA DENTAL LABOではお客様の歯型に忠実なマウスガードを一つ一つすべて手作りで製作しております。市販品のマウスガードではどうしても合わない。協議中、歯を食いしばった時、痛みを感じる、血がにじむなどといったお悩みの方は是非、SAKA DENTAL LABOにご依頼ください。口の形に合わないマウスガードは力を発揮できないばかりか、口内の炎症の原因にもなり、体調不良にもつながります。必ず、ご自身の口にぴったりフィットしたマウスガードを使用するようにいたしましょう。

特徴2 子供から大人まで幅広く利用可能

SAKA DENTAL LABOが製造するスポーツマウスガードは一つ一つ丁寧に手作りのため、お子様から大人の方まで安心してお使いいただけます。正しいマウスガードの使用は脳震盪などのダメージ軽減のみならず、かみ合わせを正しくすることによって、大きな力を発揮することが可能です。また、お子様にとってははをしっかりと保護することによってその後の歯の生育にもよい影響を与えます。

特徴3 ベテランの歯科技工士が製作

SAKA DENTAL LABOは元々歯科技工士の集団です。普段から入れ歯、差し歯の製造をしております。歯型を知り尽くした歯科技工士だからこそ出来るオリジナルのマウスガードを是非ご堪能下さい。市販品とは違い、こんなにもフィットするものかと、きっと感動すると思います。

特徴4 あらゆるスポーツに対応

スポーツマウスガードというと、ボクシングや空手、テコンドー、少林寺拳法など格闘技やアメリカンフットボール、ホッケーなどのイメージが強いと思いますが最近ではバスケットボールや野などの球技でマウスガードを使用する選手が増えています。激しいプレーによる怪我防止という目的のほかに、歯をしっかりと保護することによって正しく力を発揮することが可能になります。

トップアスリートが使用しているマウスガードが通販で製作可能

徹底的な技術へのこだわり 驚きのフィット感
自宅に居ながら自分だけのオーダーマウスガードが製作できる。

世界でたった一つの自分の歯型で作る精密なマウスガード

来社、通販どちらでも可能(通販の場合は、誰でも簡単に歯型が取れる型取りキットをお送りします)。

歯型を取る材料は、一般的に使われている粉を水で溶くもの(口の中に残る、分量を間違えて失敗する)などがある。当店が使用するのはシリコン素材のパテタイプの為、誰でも簡単でスムーズな型取りが行える。

単色、2色、3色、カモフラージュ、ラメ入り カラーバリエーションが豊富です。

国家資格を持つ熟練の歯科技工士が一つ一つ丁寧に製作 業界最安値(当店調べ)

学割、団体割引あり リピート割引として2度目の注文は20%OFF

商品間違え、初期不良の場合は無償交換 その他の場合はオーダーメイドの為、返品不可となります。

東京オリンピックへ向けて子供から大人までスポーツマウスガードの需要が増加

一生使う大切な歯、折れてしまうと治療費がかかる。 そうなる前に大切な歯を守る

二度と生えてこない大切なお子様の歯を守る 衝撃による脳震盪の緩和

安価の既製品・・・・価格は安いが違和感がある、すぐに外れる、喋れない。

オーダーマウスガード・・・歯型を採取して製作する為、精密な完成度、外れない、喋れる、違和感がない。

画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る