口の形に合ったマウスガードを使用する重要性

スポーツ中の衝突による怪我を防止するまうすマウスガードの重要性

最近、スポーツの世界では、マウスガードの重要性が大きく注目を浴びるようになりました。かつては着用が自由でも今では着用の義務化ができた種目もあるほどです。

では、なぜ、こんなにもマウスガードについて注目が集まってきたのでしょうか。

マウスガードによって、防げるケガや、どのようなスポーツでとくに役に立つのかを歯科技工研究所であるSAKA DENTAL LABOがお伝えいたします。

スポーツ中に歯の外傷がおきる

スポーツの中でもボクシングやラグビー、アメリカンフットボールなど他の選手と激しく衝突するような危険なスポーツではマウスガードの装着が義務化されています。これらのスポーツを直接経験したことのない方でも割とよく知られています。実際、テレビ中継などでマウスガードを装着している選手を見たことのある方も多いと思います。

この背景には、ボクシングの試合が関係しております。ボクシングが始まったばかりの黎明期には、パンチ受けた衝撃で歯が折れることや頚椎の骨折、脳震盪などが頻繁に起こっておりました。

 

そこで、選手の中の一人が歯科医師にマウスガードの製作を依頼したのがマウスガードの発祥だと言われています。スポーツでも歯の外傷が頻繁に起こっていたため発明されました。

ちなみに、マウスガードとマウスピース、よく聞きますが、実際に違いがあるのでしょうか。スポーツ選手や格闘技選手でも違いを分けずに使用している方がいますが厳密にいうと違います。

マウスピースは就寝時の歯ぎしりを予防する目的のものや、ホームホワイトニングに使用される漂白溶液を入れるものを指します、つまり医療用として使われるものをマウスピースといいます。あくまでも医療用として利用されるものですからパンチやタックルを受けたときに衝撃を抑える効果はありません。対して、マウスガードはスポーツや格闘技用として開発された専用の口腔保護用品です。当然、緩衝性に優れ、怪我を防止して、歯を傷めない効果があります。

ご存知の方も多いと思いますが、スポーツや格闘技による歯や口の外傷は重症になりがちで、歯にもし亀裂が入ってしまうと残念なことに歯を抜かなければいけなくなります。また顎の骨が骨折してしまうとプレートで固定することや長期間食事が取れないといったことが考えられ、選手生命に大きな影響を及ぼします。そうならないためにも自分に合ったマウスガードを作り、正しく装着して重大事故を予防することが大切です。

マウスガードの製作方法

マウスガードを作るときは、基本的に歯科医師、若しくは歯科技工士に作ってもらうようにしましょう。最近は、ネット通販等で出来合いのマウスガードが販売されておりますが、当然、人の口や歯形は一人一人違い、同じものは一つとしてありません。そういった市販の出来合い品は実際の口に完璧にフィットしているわけではないため、ズレてしまうことが多く、うまくはまらないことがあります。かみ合わせの合わないマウスガードはストレスがたまるばかりか、重大な事故にもつながるので絶対に使用しないでください。マウスガードは歯と歯がぶつからないように、そして外からのダメージを吸収するように緩衝材の役割をしています。確かな効果を得る為にも専門性の高い歯科技工士に作成してもらうようにしましょう。

マウスガードは国家資格保持の歯科技工士に作ってもらいましょう

マウスガードで防ぐことができるケガはたくさんあります。緩衝材の役割をしているので顎や歯に直接衝撃を伝えることがなく損傷のリスクからも回避され、顎が外れることやズレることも防止できます。口の中を不用意に切る心配もなくなり、頚椎の骨折や脳震盪からも身を守ってくれますので正しいマウスガードの着用は重要です。頸椎の骨折は完治が難しく、骨がついても後遺症にいつまでも悩まされることが多いので予防は何よりも大切です。

SAKA DENTAL LABOではオーダーメイドで種目に合わせたマウスガードも製造販売しています。前歯が当たりやすいラグビーやボクシングでは前歯のガードが厚く設定されていますが、重量挙げでは奥歯で噛み締めることができるように奥歯が厚くなっています。

お客様のスポーツの特性により、最適なマウスガードの製作が可能ですので、今まで市販のマウスガードを使用していたけどガクガクして合わず、効果がないといった方は一度SAKA DENTAL LABOまでご相談ください。国家資格保持の歯科技工士が直接お悩み、ご希望を承り、世界で一つだけのオリジナルマウスガードをお作りいたします。

SAKA DENTAL LABOのマウスガードの歯型取りは簡単衛生的です!

一般的なマウスガードの場合、粉を水で溶かして練り込むタイプのものが多いですが、これだけ粉が飛び散る、練り方にムラが発生して仕上がりに不備が生じるなど、大変不評です(他のマウスガード製作所は殆どがこの粉を練る方式採用しています)。

私たち、SAKA LABO の歯型取りは、すでにパテ粘土状に仕上がっている歯形取りを使いますので簡単で誰でも失敗することなく、綺麗な歯形を取ることが出来ます。

せっかく、市販品とは違う、オリジナルのマウスガードを製作するのに、口に合わないまうすがマウスガードでは台無しです。きちんとご自身の口の形に合ったマウスガードは見た目の良し悪しもさることながら、安全性に高く寄与します。重大な事故防止の観点からも正しいマウスガードの着用は必須です。

画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る